ドラマ

檄オシ海外ドラマ、ゲームオブスローンズのススメ!!!

昨日、8月1日はゲームオブスローンズシーズン1の発公開記念という事で、

正式に、日本記念日協会にて8月1日がゲームオブスローンズの日に制定されました。

 

ぼくの周りでは全く流行っていませんが、最高に面白いこの作品を今日は紹介したいと思います。

 

 

ゲームオブスローンズはジョージ・R・Rマーティンのファンタジー小説『氷と炎の歌』を原作としたHBO制作の海外ドラマ

中世ヨーロッパぐらいの技術力にドラゴンや魔法が組み込まれた様な世界観です。

2011年から放送が始まり、現在は2017年7月から放送されたシーズン7まで配信されています。

2019年に放送予定のシーズン8でシリーズ完結される予定です

・あらすじ

七王国の鉄の王座を巡る、ウェスタロスの内戦。

そこにホワイトウォーカーが壁を越えて襲ってきて、海の向こうからターガリエンが

鉄の玉座の奪いに来る。

ちょっと何を言っているかわからないと思いますが、全部説明するのは無理すぎるので辞めときます。これは観ながら覚えてもらえればOKです。

 

ここからは、数々の賞を受賞している本作、何がそんなにスゴイのか。

紹介していきます。

 

・圧倒的クオリティのビジュアル

 

 

並の映画でもここまでのクオリティを保てるかという程のビジュアルが

ずーーーーーーーと続きます。

ドラゴンや魔法族のVFXはもちろん、建物や甲冑にもスキは無くファンタジー好きにはたまらない作品です。

ロードオブザリング好きで、本作をご覧になってない方は是非ご覧下さい。

シーズン1はファンタジー要素が薄いのですが、シーズンを重ねる毎にフザンタジー要素は

多くなっていきます、シーズン7では物凄い事になっています!

ちなみにシーズン6以降は、1話につき1000万ドル以上制作費がかかっているそうです。記事書いてる時点の為替だと11億円以上ってことです。

日本だと大作映画と銘打ってるカテゴリですね、1話だけでこれです、そりゃスゴイクオリティーだわ。

 

・魅力的なキャラクター

ゲームオブスローンズは、歴史物です、群像劇ですね。

ですから登場人物が大量に出てきますが、みんなキャラが濃いいです。

誰かはお気に入りのキャラが出来る筈。

 

ちなみに私は、アイキャッチにも採用したティリオンです。

是非ティリオンのイケメンっぷりを観て下さい。

 

ゲームオブスローンズは、長く続く歴史の一部という設定です、ですから歴史にいきなり放り込まれている状態ですので、特に何も説明は無く、最初の方は事態を飲み込むのにかなり

苦労すると思います。家がどうとか、地名がわからないとか、血縁関係が覚えられないとか。

そういう時は、キャラクターです。

話がよくわからなくてもお気に入りのキャラクターに注目して観ていくと不思議と話が分かりやすくなってきます。

私は、日本語吹き替えのクオリティも高いので、BGVとして部屋で作業中付けっぱなしで何周もしています。最初分からなかった話がわかっていくのも面白いですよ。

 

・ドロドロの人間関係

ファンタジーなんですが、やっていることは戦争なので、権力争いが激しいです。

騙し合いや裏切りでドロドロです。

日本ドラマ好きにも絶対にオススメ出来ます。

 

 

まとめ、こんな方にオススメ

・ファンタジー好きな方

・歴史物好きの方

・昼ドラ好きの方

・イケメン、美女が見たい方

・ドラゴンが見たい方

以上、如何でしたでしょうか。

 

少しでも気になった方は、Hulu,Amazon primeで観れますので、是非観てみて下さい。