映画

【映画 オススメ】クリーピー偽りの隣人の楽しみ方

今回は、映画クリーピーを紹介します。

 

この映画は、この先どうなるんだろう的な面白さではないので、ネタバレガンガンして行きます。お気を付けください。

 

2016年公開の日本映画。

監督は黒沢清、主人公夫妻を西島秀俊、竹内結子、怪しい隣人を香川照之が演じています。

 

 

簡単にあらすじを。

主人公の高倉(夫)は、元刑事。取り調べ中に犯人に脱走されて警察署内で人質を殺されるという事件が起きてしまい、今は大学教授をしています。

奥さんは専業主婦で引っ越してきた先の隣人が西野という男なんですが、変わった男の様子。隣人には、妻子がいる筈だが、妻はなかなか姿を見かけず、娘からは「あの人はお父さんじゃありません、全然知らない人です」と告白される…

というものです。

書きすぎのように感じますが、予告でもここまでは言っているのでいいでしょう。

今回何故記事にするかというとですね、

この映画かなり変わっていまして、普通の見方だとあまり面白くないんです。突っ込むところが多いというか、辻褄が合わないというか。

私も1回目観たときはあまり面白くなかったです。

しかし視点を変えればとても興味深く、よく出来た映画なのです、ですのでこれはどういう映画かを説明していきますのでこれを読んで是非鑑賞してみて下さい。

 

 

 

 

 

表現主義とは

ぼくの好みの映画は、1本筋の通っている映画です。

言っている事が支離滅裂だったり、演出や行動に一貫性がないと観ていて不快に感じてしまいます。

単純にこの映画を観ていくと、色々ツッコミどころがあり乗れないのです。奥さん(竹内結子)がいとも簡単に薬物中毒にされてしまう所とか、西野(香川照之)の家の作りがありえないとか、地下室に行ってからの夫(西島秀俊)の行動が鈍臭すぎるとか…

 

しかしこの映画が表現主義を物凄くきつめにしているのなら納得できます。

 

表現主義というのは、人間の内面をビジュアルで表す事をさします。

別に難しい話ではなく、基本的に映画や絵画は多かれ少なかれ表現主義が入っています。

全く入っていないリアルテイストの映画もなくはないですが、

例えば、悲しいシーンで雨が降っていたりするのも表現主義的演出です。

 

それを全編に渡って行っているのが、『クリーピー・偽りの隣人』なのです。

 

 

 

 

 

 

キレッキレな演出と演技

黒沢清監督の特徴の一つとして、日常風景が日常と違うように感じさせる事ができる、というのがあります。

文字で説明するのが難しいですが、カメラアングルや演出によって、唯の家やパイプが不気味に見えてくるのです。

役者陣の演技も素晴らしく、表現主義的な演出も相まって、映画全体がとても独特な雰囲気に包まれています。

それが、終盤の車中で爆発する様は必見です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここからは具体的にどういう所が表現主義的なのか例を出していきます。

 

例えば、西野の家は、外からは普通の家ですが、玄関の脇に別の入り口があり、その暗い入り口を入って、薄暗い廊下を進んでいくと、不気味な部屋があります。

 

この部屋の防音材のデザインとか、鉄の巨大な扉とかパッと見ただけで不吉な印象を受けるのです。突っ込み出すと、どんな構造でそんな事が出来るのかとかそんな所に入っていくのはおかしいとかあるんですが、そういうことではないのです。

この部屋というか、この家そのものが西野の内面そのものなのです。

もっというと、家の立地は2軒並んだ家の奥まった所に西野の家があり、両脇に普通の家が建っている状況は、西野が社会の中に隠れて生きている事を意味しています。

映画終盤、西野が新天地を求めて旅発つ時も同じ立地の家を探しています。

 

もう一つ、映画の終盤、西野が奥さんに薬物の渡して、意識を朦朧とさせていきます。

ここも普通に観ていると、そんな薬受け取るな、とか、薬中になるの早すぎとか、それどんな薬だよ、とか、突っ込みたくなるんですが、

あの薬は、西野が他人を操る能力の表現だと思えば納得できます。

そういう映画なので、時系列も観たままではないでしょう。

 

 

 

 

 

 

こういう風に観ていくと、不可思議な点に気づいてくると思います。

西野の家は、西野を表しています。家具にも部屋の間取りにも西野のキャラクターがみえています。

こういうルールの映画なんですが、一方主人公夫妻の家はどうでしょうか。

奥さんの趣味のような物はありますが、夫のものはどれかわかりません。この映画に関してそれは夫の心が空っぽの事を意味しています。

 

サイコパスなのは、西野なのか夫なのか、そういう目線で観ていくと、ラストの奥さんの言動も把握出来ています。

 

 

 

 

 

後は、みなさんが鑑賞してみて下さい。

こういう風に観ればこの映画は間違いなく大傑作です。