映画

まだ間に合う、ミッションインポッシブルシリーズはこれだけ押さえて最新作へ行こう【シリーズまとめ】

今回は、ミッションインポッシブルシリーズです。

2018年8月3日、ミッションインポッシブル第6作目フォールアウトが公開されています。

シリーズも第6作目になってくると、前の奴観てないしなー、ついていけないなー

と言う方も出てくると思います。

しかし、ミッションインシリーズは、回を増すごとにクオリティーが上がり、めちゃくちゃ面白くなっています!!!ミッションインポッシブルシリーズは、3作目辺りから売りがトムクルーズがノースタントでアクションに挑むというものになっています、これがとんでもないので是非ノースタントだと言う事を頭の隅に入れてお楽しみ下さい。

 

観ないのは勿体無い、と言う事でシリーズ最新作を見る為に、最低限押さえて置いた方が良い所を紹介していきます。

 

 

まずは順番です。

・ミッションインポッシブル

・ミッションインポッシブル2

・ミッションインポッシブル3

・ミッションインポッシブル:ゴーストプロトコル

・ミッションインポッシブル:ローグネイション

これが公開順です、最初の方はナンバリングでしたが、後半違うので一応纏めておきました。

 

 

ざっくりあらすじを説明すると、トムクルーズ演じるイーサンハントは、アメリカのスパイで凶悪テロリストが巻き起こす世界のピンチを頑張って救う、と言うのが毎回のパターンです。

ミッションインポッシブルシリーズは、1960年代に放送されたテレビシリーズスパイ大作戦の映画化作品でトムクルーズが毎回プロデューサーですが、監督、脚本は毎回違うのが特徴です。

ストーリーも繋がっている様で、繋がっておらず毎回ストーリーは完結しています。

 

それでは、各映画を簡単に紹介していきますね。

ミッションインポッシブル

オススメ度

公開1996年、

監督は、キャリー、スカーフェイス、アンタッチャブル等、数々の名作を手掛けた

ブライアン・デ・パルマ

あらすじ

トムクルーズ演じるイーサン・ハントが所属するIMF(Impossible Mission Force)は、プラハのアメリカ大使館からCIAの非公式工作員のリストを盗み出そうとしているとしている大使館職員に対する防諜任務にあたっていた。ところが謎の襲撃者によってメンバーは次々と殺されて、新人のイーサン・ハントのみが生き残ってしまう。所が、イーサン・ハントが裏切り者と断定され逮捕されかけ、イーサンは逃亡…

 

ミッションインポッシブル2

オススメ度

2000年公開、

監督は、男達の挽歌のジョン・ウー

あらすじ

バイオサイト製薬会社の研究員であるネコルヴィッチ博士は、自身が開発した感染すれば20時間で治癒不可能となり死亡するウイルスキメラと、その治療薬であるべレロフォンをイーサン・ハント護衛のもとシドニーからアトランタへ旅客機で輸送するはずだったが、イーサンの替え玉のIMFメンバーのショーン・アンブローズに殺害され、キメラとべレロフォンを強奪されてしまう。これに対しIMF本部は、イーサン・ハントを中心にチームを組み、アンブローズの元恋人であるナイア・ホールを彼の元に潜入させ、目的を探ることになる。

 

ミッションインポッシブル3

オススメ度

2006年公開、

監督は、スタートレック、クローバーフィールドのJ・J・エイブラムス

あらすじ

米国のスパイ組織IMFのエージェント、イーサン・ハントは、現場を退き教官としての仕事をしながら、本業を秘密にして婚約者のジュリアと幸せな生活を送っていた。そんな彼の元に、かつての教え子である女性エージェント、リンジーがベルリンで捕らえられたという知らせが届き、イーサンは迷いながらもチームと共に救出に向かい…

ミッションインポッシブル:ゴーストプロトコル

オススメ度

2011年公開、

監督は、アイアンジャイアント、Mr.インクレディブル等名作アニメーション映画監督のブラッド・バード

あらすじ

テロリストであるカート・ヘンドリクスは、人口抑制や新たな人類の進化のため、ロシアの原子力潜水艦から核ミサイルを発射しようと企てていた。
ロシアの刑務所に拘束されていたイーサン・ハントは、IMFの手助けにより脱獄。カートのテロを阻止するべく作戦を開始する。だが、その中でイーサンたちは、ロシアでの爆破事件の犯人と断定されてしまう。
アメリカ合衆国大統領は、関与を否定するために「ゴースト・プロトコル」を発動。IMFは事実上解体され、イーサンは後ろ盾をなくして逃亡者の身となってしまう。

 

ミッションインポッシブル:ローグネイション

2015年公開、

監督は、ユージュアルサスペクツでアカデミー賞脚本賞を取り、監督としても名作アウトローを手掛けた、超超有能監督、クリストファーマッカリー

あらすじ

IMF(Impossible Mission Force、不可能作戦部隊)のベテランエージェントであるイーサン・ハントは、謎の犯罪組織「シンジケート」の正体を探るため調査を進めていた。ベラルーシのミンスク郊外の飛行場にて、輸送機に積まれていたVXガスの奪取を成功させたイーサンは、新たな指令を受けるためにIMFのロンドン支部を訪れるが、そこはすでに「シンジケート」の手に落ちており、罠にかかり捕まってしまう…

 

 

 

 

ざっと、各映画のデータ記載しました、オススメ度は、私の独断と偏見です。

 

さて、長くなってきましたが、この記事のテーマは最新作を観る為にです。

最新作を観る為に、何を観るべきか、

 

最小で済ませたいなら、

ローグネイションのみ観て劇場へ

これでも話は解ると思います。登場人物のそれまでの繋がりは分かりにくいかもしれませんが、それ程問題ではありません。

 

じっくり楽しみたいならもちろん公開順。

 

ぼくのオススメは

 

ローグネイション→3→ゴーストプロトコル→1気が向いたら2

 

です。

逆にいうと最低限、ローグネイションは観ておいたほうが新作は楽しめます、若干話が繋がっています。

ちなみにメインヒロインのベンジーが初登場するのは3作目からです。

 

 

各映画監督が違うのでかなり印象が違います。

それでもシリーズとして成り立っているのは、トムクルーズのスター性かプロデューサーとしての手腕なのでしょうか。

毎回変わっている監督ですが、最新作、フォールアウトの監督は、ローグネイションと同じ

クリストファーマッカリーなのです。ローグネイションがとんでもない傑作だったので続投になったのです。

 

第6作目、フォールアウトは、アメリカの批評家からここ10年で最高のアクション映画とまで言われています。

是非過去作の予習を済ませて劇場に観に行って観て下さい。